今回はDODAより、転職活動の準備の最終章「内定を受け、退職・入社準備をしましょう!」について書いていきたいと思います。

晴れて内定をいただき、新しい職場へ…という気を引き締めていきたいところですが、転職をする前に以前の職場の退職処理を行わないといけません。この「退職交渉」というのが、職場によっては以外に障壁となり、時間がかかったり、労力がかかったりするケースも少なくありません。せっかくの内定も危うくなります。今回は内定から退職、入社までのポイントをまとめてみました。

内定から退職、入社までの2つのポイント

その1. 内定から退職の流れを知っておくことが大事!

DODAイメージ01内定が出てから入社意思の結論を出すまでの期間は、1週間程度であることが一般的です。面接の時点で、あらかじめ企業の志望度や、他の選考状況も照らし合わして、内定が出た際の結論を考えておく必要があります。

また在職中の方の中には、退職を申し出てから実際の退職までに数ヶ月かかる企業もあります。円満退社のためには、最終面接などの時点で企業側の入社希望日を確認しておくことが大事ですよ。

注意:入社したい企業の優先順位は、常に考える

  • 複数応募の場合、気持ちの切り替えやスムーズな入社をするためにも、応募や面接の段階から、その求人に対する自分の方向性や他との優先順位は常に考えておきましょう!
  • 内定を受けた場合、その会社に入社するかの最終的な決断は一度落ち着いて考えたいところです。他の企業の進捗状況や今の仕事との比較を再度行って、冷静に判断していきましょう!

DODAでは、退職交渉について、退職手続きや保険、税金などのこと細かい事をまとめてかいてある「最後の難関でつまづかない!円満退職のススメ」ページをご覧ください。

その2. 退職・入社にともなう諸手続きを行いましょう!

DODAイメージ02退職や入社時には、契約や社会保険、備品の返却など多岐にわたる手続きが必要です。退職した企業から発行された書類や証明書の中には、次に入社する企業に提出する必要があるものも多いので、退職時に確認しておきましょう!

また、個人として届出が必要な税金や生命保険、クレジットカードなどの手続きは忙しさにまぎれて忘れがちです。そうならないように、事前に把握して、リストアップしておりましょう。

DODAでは退職前に聞いておきたい項目をまとめている「知らなきゃ損する転職相談室」と転職に関係するお金(退職金や企業年金等)をまとめている「転職マネー相談室」をご覧いただくと、退職・入社にともなう諸手続き等がわかりますよ。

まとめ

内定を頂く前に、以前の職場での退職に関する情報を集めて、無事転職成功していただきたいです。
スケジュールを達成できるかどうかは、円満退職できるかによって、せっかくの内定が取り消しになるおそれもありますので、最後まで引き締めて最高の転職ができるように頑張ってください!

上記に記載されていることを実行するのが難しいと思われる方は、「エージェントサービス」を利用して、キャリアアドバイザーと打ち合わせたほうが確実ですよ。

DODAの各種サービスにご興味のある方は、下記のバナーをクリックしてご覧ください。

転職はDODA