今回はDODAよりの情報で、転職を3ヶ月で入社を目指すプロセスをご紹介させていただきます。
一般的に転職には2ヶ月から3ヶ月かかるといわれていますが、働きながら転職される方には必見ですので、最後までお付き合いください。

これからは、DODAからの情報を使用させていただきます。
3ヶ月でのカレンダーとしましては、下記の通りのスケジュールで動き出さないといけません。
まずは、あなたがいつまでに転職をしたいという目標を立てていく事が大事です。

3ヶ月転職カレンダー

ステップ1として、「事前準備」です。
まずは、自分の仕事を振り返って、自分の強みは何か?を整理します。そして、同時に「転職の目的」を確認します。つまり、何を解決・改善するための転職なのか?年収なのか?残業なのか?スキルアップなのか?ということです。

まずはそこの点をじっくり考えましょう!!
そこまでで、大体1週間から2週間かかる予定です。


次にステップ2の「応募」です。
これは、ステップ1の自分の強みと転職の目的に照らして、応募する会社を選定します。
このとき、応募先を絞り過ぎないことです。そして複数の会社を平行に応募していってください。1社目の合否が出てから、2社目、3社目…と順番に駒を進めるより、複数を平行するのが良策です。

採用活動は想像以上にスピーディに進みます。いろいろと考えているうちに、希望していた会社がすでに締め切られるということが多いです。後悔しないためにも、自分の強みと転職の目的のアンテナに掛かったらためらわず応募することをおすすめします。

ステップ2の期間は大体1週間から2週間かかる予定です。


そして、いよいよステップ3、「面接」です。
面接日程は計画的にスケジュールを立てましょう。面接日程を変更するのはしないように、ダブルブッキングしないように、綿密にいきましょう!!

他の応募者に先を越されてせっかくの面接を受けられない可能性があります。
そして、なによりも「段取りがよくない!!」という印象を持たれます。気をつけましょう!!

複数の会社に応募して並行していると、有給休暇を取って集中的に面接を入れるといった進め方ができるメリットもありますよ。生の情報を得られるチャンスですので、十分なシミュレーションをして臨めるように会社ごとに面接の事前準備の時間も確保したいものです。

このステップ3の期間はだいたい1週間から2週間がベースですが、複数の会社の面接になるとその分の日程が増えます。


ステップ4は「内定」です。
内定が出たら入社するかどうかを検討して回答します。
苦労してやっと内定が出たような場合には一も二もなくYESの回答をしてしまいがちですが、ステップ1での自分の強みと転職の目的がかなうのかどうか冷静に考えることが大事です。

一番大事な場面ですので、ステップ1で決めていた、自分の強みと転職の目的に照らしてブレずに判断しましょう!!
ステップ4での期間としましては、1週間予定です。


最後にステップ5の「退職交渉・引継ぎ」
今の会社に退職の意向を伝えます。一般には退職1ヶ月前を目安に直属の上司に伝えますが、各社の就業規則ルールで決まっておりますので、転職活動の早い時期に確認してください。今の自分の業務の後任者を決めて引き継ぎを行います。

後任者が決まらない等で退職交渉がスムーズにいかない場合は、業務内容をマニュアルにまとめて、いったん上司に業務を引き継いで対策をとります。間違っても転職先の入社日を変更することのないように注意してください。

退職交渉や引継ぎはできるだけスムーズに…転職先の新しい仕事に臨む準備にパワーをかけるのが理想といえます。

ステップ5での期間は4週間は必要です。


以上です。
転職をするに当たって、綿密なスケジュールを立てなくては共倒れになりますので、ご注意ください。DODAでは転職に関するプロがいますので、無料会員登録をして転職の相談をされることをおすすめいたします。