フランチャイズの窓口】より独立・開業情報です。
今回は、 介護レンタカーさくら より、福祉車両レンタカー事業のFC加盟店の募集を行っております。

介護レンタカーさくら FC加盟店 募集に対しておもに

  • 介護レンタカーさくら の概要
  • FC開業について3つの魅力
  • 開業にかかる初期費用と収益モデル

について詳しくご紹介させていただきます。

介護レンタカーさくら メイン画像

まずは 介護レンタカーさくら の会社概要をご紹介いたします。

介護レンタカーさくら とは...

福祉車両レンタカー事業のポテンシャルは無限大!!介護レンタカーさくら は株式会社ガッツ・ジャパンが運営しております。
株式会社ガッツ・ジャパンは2014年8月に名古屋で設立。
軽自動車の中長期型レンタカーFC事業「ガッツレンタカー」を運営しており、福祉車両専門レンタカーFC事業「介護レンタカーさくら」という新ブランドを立ち上げております。

そんな中、今回は 介護レンタカーさくら のFC加盟店の募集を行っております。

現在、超高齢者社会において車椅子利用者は年々増加しております。
その時代に合わせて介護タクシーがあるのですが、値段が高い上に予約も取りにくい状態…
普通車に移乗してから車椅子をトランクに乗せるのも大変…買い替えるほど使用頻度も低い

そういうお悩みを解決できるのが「介護レンタカーさくら」なんです。
介護レンタカーさくら では軽自動車からワゴン者まで全カテゴリーの車種を用意されており、全車両車椅子の直接の乗り入れができますので、ニーズに合わせて福祉車両をレンタルすることができます。

また、初めての介護車両利用のお客様には、プロスタッフによる、車椅子乗降作業トレーニングや運転にきを付ける点等お伝えしますので安心サービスです!!

介護レンタカーさくら は、店舗不要で月々リースで車両保有することができ、低コストで開業することができますよ。今なら福祉車両のレンタカー取扱店舗も少なく、競合少数のブルーオーシャン状態です!!

今回の独立・開業情報にご興味をお持ちの方は最後までお付き合いください。

 

次に 介護レンタカーさくら に対して3つの魅力をご紹介いたします。

介護レンタカーさくら 3つの魅力は...

魅力その1. 福祉車両レンタカー事業のポテンシャルは無限大!!

介護・福祉施設での副業+他施設とのサービスの差別化を図る!!冒頭でも説明いたしましたが、福祉車両レンタカー市場は現時点として市場は小さいです。
ただこれから日本は超高齢化社会としてニーズが求められるビジネスです!!

このビジネスは畑違いの企業が参入するのは厳しいですが、介護・福祉事業者の方が参入するには非常に良いビジネスです。福祉車両を保有している事業者でも、福祉車両を使用していない時間も結構あるのではないでしょうか?

その使用していない時間をレンタカーとして貸し出す、いわゆる「カーシェアリングエコノミー」のビジネスへと事業を拡大することもできますし、これから福祉車両レンタカービジネスを始めたい方でも、全国200店舗を展開している「ガッツレンタカー」運営本部のノウハウに介護・福祉事業のノウハウをコラボさせて開業することもできます。

魅力その2. 介護・福祉施設での副業+他施設とのサービスの差別化を図る!!

介護・福祉施設の顧客ターゲットと、 介護レンタカーさくら の顧客ターゲットは同じです。他の施設ではほぼやっていないサービスですので、差別化も図れます。

介護レンタカーさくら では以下のようなメリットがあります。

  • 店舗を借りる必要なし
  • スタッフを新たに雇う必要なし(雇うとしても1名でOK)
  • スタートはリスク低く3台から5台からスタートできる
  • 車両仕入れは全て本部が行います(新車・中古車選べます)
  • 車両も買う必要なし!月々リースOK!初期費用が抑えられます

魅力その3. 介護事業関係にはオススメのビジネス!!

介護事業関係にはオススメのビジネス!!すでに介護事業を営んでいる事業者様には「介護レンタカーさくら」の事業は非常に加盟のメリットがあります。一つは資産の有効活用によって事業拡大することができます。もう一つが加盟コストの大幅な削減ができる!!という点です。

すでに福祉車両を保有している事業者様については加盟時に車両を購入する必要はありません。それだけでも500万円程度の開業資金の削減ができます。

一から始める事業者様は、本部からは予算を組んでネット広告は行いますが、正直それだけでは集客は難しいです。あとは自、らチラシのポスティングや新聞への折込広告、施設利用者様やその知人への告知、施設、ディーラー、整備工場等挨拶まわり等々大変な手間ひまがかかります。

 

次に 介護レンタカーさくら FC加盟に関する収益モデルと開業資金についてご紹介させていただきます。

介護レンタカーさくら 収益モデルと開業資金!!

収益モデル(車両10台の場合)

売上高

120万円

その他経費

80万円

本部へのロイヤリティ

6万円

 

開業資金(5台スタートの場合)

契約タイプ

フランチャイズ

契約期間

4年

応募種別

法人

開業資金

650万円~

【内訳】
加盟金:150万円
加盟保証金:50万円
システム初期導入費:80万円
本部研修費:30万円
レンタカー事業申請費:10万円
その他:130万円
(看板、運営ツール、什器、オフィス家具、オープン時販促費、ETC・ナビ)
運転資金:200万円(毎月の広告費の事前確保)

 

今回の 介護レンタカーさくら のまとめをさせていただきます。

介護レンタカーさくら のまとめ

今回は介護・福祉事業者様限定のFC加盟店募集を行っております。
超高齢者社会において車いす利用者は年々増加しており、在宅介護が主流になっていく中で、福祉車両のニーズが高まってきております。

介護・福祉施設の顧客ターゲットと 介護レンタカーさくら の顧客ターゲットは同じ、また他の施設ではほぼやっていないサービスなので、差別化を図ることができます。

介護レンタカーさくら の福祉車両導入につきましては、リースと購入と選定することができます。
またすでに福祉車両を所有している事業者様につきましては、その福祉車両を使用していない時間をレンタカーとして貸し出す「シェアリングエコノミー」というビジネスで事業拡大することができます。

介護・福祉事業者様で事業拡大をお考えの方、新規で始めたい方にはオススメのビジネスです。
まずは資料請求されてみてはいかがでしょうか。

 

※この記事は2020年9月10日に作成された記事です。情報が古くなる場合がございますのでご了承ください。

 

掲載情報・資料請求先

上記の独立・開業情報は【フランチャイズの窓口】からの情報です。
上記のような情報が多数準備されておりますので、独立に向けて貯蓄をするなど具体的に準備を進めている方、独立・開業を検討している方、無料資料請求をお考えの方は、下記よりクリックしてご覧ください。

当サイト「鹿児島市内で就職情報」を独立・開業活動のツールのひとつとしてお役にたてていただけると幸いです。