フランチャイズの窓口】より独立・開業情報です。
今回は、スマホスピタル より、スマホ修理ビジネスFC加盟店の募集を行っております。

この独立・開業情報は、当サイトが「鹿児島市内の就職情報」ということで、鹿児島基準の案件を紹介させていただいておりますが、【フランチャイズの窓口】は全国対応の案件も含まれておりますので、ご参考になれると幸いです。

※スマホ・iPhoneでご覧になられている方は「ヨコ向き」にしていただけると、より見やすく求人情報を収集することができます。

スマホスピタル メイン画像

まずは スマホスピタル の会社概要をご紹介いたします。

スマホスピタル とは...

スマホスピタル イメージ画像01スマホスピタ は株式会社スマホスピタルが運営しております。
本社を大阪に構え、全国80店舗を拠点に、iPhone・スマホ修理・買い取り、その他グッズ販売を展開しております。

今回はスマホ修理ビジネスのフランチャイズ募集を行っております。
現在、スマートフォンの普及に伴い、その修理市場は年々成長しております。
中でもスマホスピタルでは、低資金・省スペースで開業することができます。サイドビジネスとして加盟されている方も多くいらっしゃいます。

ご興味のある方は最後までお付き合いください。

 

次に スマホスピタル のスマホ修理ビジネスの内容をご紹介いたします。

スマホスピタル スマホ修理ビジネスとは...

スマホスピタル のスマホ修理ビジネスは大きく分けて3つのメリットがあります。

メリットその1. 低リスク

スマホスピタル イメージ画像02【スマホスピタル】を始めとしたiPhone修理事業は、省スペースかつビルの2階以上の空中階でも集客可能です。大型の機械等も必要なく、しかも物件取得費や賃料などのランニングコストも抑えられ、さらに月商1000万円を超える店舗でも人員は4人いれば十分なので、人件費も抑えることができますので、早期黒字化も夢じゃないビジネスモデルです。

メリットその2. 高需要

現在、iPhone修理といえばApple Storeに持ち込むのが一般的です。
しかしApple Storeでは本体交換を行われるので、データが全て消える・受付や受け取りに時間がかかる・修理費が高額...等、デメリットのオンパレードです。しかしスマホスピタルの修理店では、データはそのまま・即日お渡し・お手ごろ価格で修理可能...等、高需要なものもお分かりいただけるものと思います。

メリットその3. 即開業可

スマホスピタル イメージ画像03iPhoneの修理技術は比較的短期間で身につけることができます。例えば画面交換修理なら、機種に限らず1日あれば十分修理できるようになります。さらに1つの機種の修理技術を身につけると他の機種は少しの応用を使って修理できるようになりますので、全機種の研修を1回1回受けなければいけない!!ってわけではありません。

 

現在日本のスマートフォンの普及率は2018年5月現在で79%となっているそうです。
その中でもiPhoneはスマートフォンの代名詞と言っても過言ではありません。
日本ではiPhoneのシェア率が非常に高く、2017年の調査ではスマホを持っている人の68%がiPhoneを使用しているそうです。

スマホの普及率とiPhoneのシェア率からすると、約6800万円がiPhoneを使っていることになります。つまりiPhoneの修理行ではこの6800万円が見込み客ということになり、やり方によっては長く安定したビジネスを行うことができますよ。

 

それでは実際開業するにあたって、より安心できる開業を行っていただける為のサポートを スマホスピタル では以下の通り行っております。

スマホスピタル 3つのサポート体制

スマホスピタルは開業に向けて重要なサポートを行っていただきます。

サポートその1. パーツ卸し

現在、スマホスピタルの運営・加盟店を合わせて、全国に80店舗あります。
メーカーに対して一度に大量に発注を行いますので、安価でパーツを仕入れることができます。
さらに割れパネルは一度買い取りさせてから、リペアパネルを格安で卸しています。

もちろんパーツの保証もついていますので、不良品は無償で交換してもらえます。
また、バッテリーは国際基準であるPSEマークを取得しているメーカーから直接仕入れているので安心の品質です!!

ちなみに完全に液晶不良になってしまったパネルも買取可能です。

サポートその2. 電話サポート

加盟店向けの専門部署を設けており、集客や値段設定など、あらゆる質問にお応えいたします。その他にも、直営店や全国の加盟店の中で売り上げアップにつながった施策の共有など、各加盟店と専門部署との距離が近いので些細な相談事でもサポートしていただけますよ。

サポートその3. 総務省登録修理事業者制度

スマホスピタルは総務省の定める登録修理事業者制度に登録している修理事業者(電波法R00026・電気通信事業法T00026)です。

修理を依頼されるお客様にとって、総務省登録修理事業者であるということは大きな安心につながっています。本部では、スマホスピタルの各店舗が登録修理事業者に登録できるようにサポートしています。

 

最後に スマホスピタル スマホ修理事業 のビジネスに関する開業に必要な資金をご紹介いたします。

スマホスピタル スマホ修理ビジネス 収益モデルと必要な資金

スマホスピタル スマホ修理ビジネス 収益モデル

売上高

月収:200万円

その他経費

部品代:70万円
広告費:30万円
賃料:10万円
光熱費:2万円
POSレジ管理費:1万円

本部へのロイヤリティ

月額5万円

営業利益

82万円

 

スマホスピタル スマホ修理ビジネス 必要な資金

契約タイプ

フランチャイズ

契約期間

なし

応募種別

個人・法人

応募エリア

全国(一部地域を除きます)

必要な開業資金

100万円より

回収期間

半年から1年

 

スマホスピタル スマホ修理ビジネス 説明会日程

スマホスピタルでは随時説明会を開催しております。以下が説明会の連絡先です。

関東地方

開催日程:随時(個別説明会)
開催場所:スマホスピタル新宿店
会場住所:東京都新宿区新宿3-23-5 新東ビル3階 B号室
お問い合わせ(電話):03-6457-8769

関西地方

開催日程:随時(個別説明会)
開催場所:スマホスピタル梅田2号店
会場場所:大阪市北区豊崎3-17-9 豊崎旭ビル2階
お問い合わせ(電話):06-6131-6643

 

スマホスピタル スマホ修理ビジネス まとめ

今回は、スマホスピタル より、スマホ修理ビジネスのFC加盟店募集です。
集客はWEBにて行っております。「iPhone修理 梅田」や「iPhone修理 心斎橋」で検索すると スマホスピタルがトップに上がっております。

未経験の方でも、iPhoneの修理技術は独自の研修により短期間で身につけることができますので、即開業も実現できます。日本のスマホ自体普及率が2018年5月現在で79%となっているそうです。そういう高需要なので、安定したビジネスができますよ。

ご興味のある方は、資料を取り寄せてみてはいかがでしょうか?

 

掲載情報・資料請求先

上記の独立・開業情報は【フランチャイズの窓口】からの情報です。
上記のような情報が多数準備されておりますので、独立に向けて貯蓄をするなど具体的に準備を進めている方、独立・開業を検討している方、フランチャイズの窓口サイトの無料資料請求をお考えの方は、下記よりクリックしてご覧ください。

当サイト「鹿児島市内で就職情報」を独立・開業活動のツールのひとつとしてお役にたてていただけると幸いです。