フランチャイズの窓口】から独立・開業情報です。
今回は、ストレッチアップより、ストレッチ専門店のオーナー募集を行っております。

ストレッチアップとは...

ストレッチアップを運営しているIdealink株式会社は2016年3月に設立。東京に本社を置き、ストレッチ専門店の運営をはじめ、インターネット広告業やインターネットサービスの受託開発及び制作等、複数の事業を行っております。

現在、リラクゼーション業界に異変が起きております。かつて「疲労」や「肩こり」など身体に異変を感じたとき、真っ先に訪れるのはマッサージ専門店でした。しかし、マッサージ専門店の低価格競争が始まり、顧客を取り合っている状況にあります。

ストレッチ専門店は、東京五輪によって、スポーツ関連のビジネスが盛んになる関係で、顧客の支持を受けてきております。お身体の悩みを「根本から改善できる」【ストレッチ専門店】に人気が集まってきております。ストレッチ専門店は市場が高まるとストレッチアップは予想しており、2020年までに50店舗を目指しております。

そんな中、今回はストレッチ専門店のオーナー募集(第1次募集:6社限定)をおこなっております。
ストレッチ専門店のストレッチアップは月額定額の会員制でストック型ビジネスモデルを行っております。定額制を取り入れることで、毎回の利用料金を一定に抑えられるメリットがあります。もちろん、定額制だけではなく「体験コース」として1回あたりの料金も設定しておりますので、お客様がサービス体験して、気に入ったら定額制を申し込むという気軽さがリピートを生み出すシステムです。

業務内容としましては、エステやタイ古式マッサージ、美容室でも最近はストレッチメニューを多く取り入れてます。「姿勢改善」をテーマにした「個室型ストレッチ専門店」を未経験から運営できます。集客ノウハウ、人材採用・研修・活用ノウハウがあります。

さらに、ストレッチアップの集客は会員制度として集客しておりますので、オーナーも安心してシフトは経営に取り組めます。ストレッチの専門である以上、商品の満足度が大前提です。技術顧問にプロサッカー選手などのトレーナーを行なっている方に入ってもらいまして、1ヶ月に技術研修や座学研修を行っており、全ての店舗の向上を図っております。

初めてフランチャイズを始める方にとっての最大の悩みは「人材」です。その人材をストレッチアップでサポートします!!未経験者でも施術や店舗運営ができるようにする研修カリキュラムを行っており、実際に入会するまでのトークスクリプト(話術)や営業フォロー人材募集を本部でも行っておりますので、そこから人材紹介してもらうことも可能です。今回のストレッチ専門店オーナーにご興味のある方は「資料請求」から取寄せてみてはいかがでしょうか。

今回の独立開業情報は以下の通りです。

収益モデルと必要な資金

収益モデル

売上高

●直営店(モデル例)

月売上:187万円、月粗利:70万円(20坪/空中店舗)

本部へのロイヤリティ

総売上の5%

募集概要・開業に必要な資金

契約タイプ

フランチャイズ契約

契約期間

5年

応募種別

個人・法人どちらも可

開業資金(内訳)

加盟金:180万円、採用費:60万円、物件取得費:200万円、内装工事:220万円、備品購入:80万円、その他:50万円
【初期投資総額】約800万円前後(物件取得によって変動あり)

ロイヤリティ

総売上の5%

その他

実際にオーナーが現場に入らなくても運営できます。未経験の方も大丈夫です。
低資金で地域の方々に喜ばれるストレッチ業を開業したい方、ストック型ビジネスで経営したい方にオススメですよ。

掲載情報・資料請求先

上記の独立・開業情報は【フランチャイズの窓口】からの情報です。
上記のような情報が多数準備されておりますので、独立に向けて貯蓄をするなど具体的に準備を進めている方、独立・開業を検討している方、フランチャイズの窓口サイトの無料資料請求をお考えの方は、下記よりクリックしてご覧ください。