フランチャイズの窓口】より独立・開業情報です。
今回は、インバウンド金融サービス・自動外貨両替機「SMART EXCHANGE~スマートエクスチェンジ~」の募集を行っております。

自動外貨両替機「SMART EXCHANGE~スマートエクスチェンジ~」とは...

スマートエクスチェンジを運用しているエムアンドエム株式会社は、カレーショップ「C&C」、串焼きげん、麺処景虎等の外食産業事業をはじめ、新規事業進出支援事業やフランチャイズシステム支援やリアル店舗ビジネスを全国展開して行っております。

特に、リアル店舗ビジネスに強みを持ち、事業提案・資金調達・物件開発・人材採用まで、新規開業と独立に関わることを幅広くサポートする会社です。そんな中、今回は自動外貨両替機「スマートエクスチェンジ」設置される方を募集しております。

自動外貨両替機「スマートエクスチェンジ」は急増する外国人観光客「全員」が顧客対象です!!
訪日外国人旅行客はこの5年で3倍以上。そして旅行消費額は4倍以上増加する中、日本ではその旅行客の受け入れ体制やインフラが整っていない状況です。さらに2020年には4000万人2030年には6000万人といった目標数の上方修正案も出てきており、中長期的にも有望なマーケットとなります。(※2016年以降は、日本政府 訪日外国人旅行者数目標より)

旅行中にお困り事で常に上位にランクされている「両替する所がない!!」(海外の日本旅行ガイドブックにはクレジットカード取扱店と両替所が少ないことが明記されているぐらいです。)という問題を解決できる外貨両替機設置事業です。両替ができる事で、さらなる旅行消費額が増加される事でしょう。

この自動外貨両替機「スマートエクスチェンジ」は投資感覚として始めるため、預かり金管理(集金、残高確認、円転換)やお問い合わせ窓口、レート監視・設定、設置機器の盗難と保証等、ほとんどの業務は本部が代行するため、ほとんどする事はありません。

大きな需要に対して小さな供給しかない現状で、供給を助ける意味での「自動外貨両替機」の設置事業はこれからの外国人旅行客にとっては大きな可能性を秘めているビジネスといえるのではないでしょうか。

今回の独立開業情報は以下の通りです。

収益モデルと必要な資金

事業モデル

売上高

※月間両替額600万円の場合
月間CF(キャッシュフロー:現金の収支の事です):225,000円
投資利益率:26%

開業に必要な資金

必要な開業資金

初期投資額:10,400,000円(税別)
(デポジット(保証金・預かり金の事)500万円含む)

回収期間

2年間

掲載情報・資料請求先

上記の独立・開業情報は【フランチャイズの窓口】からの情報です。
上記のような情報が多数準備されておりますので、独立に向けて貯蓄をするなど具体的に準備を進めている方、独立・開業を検討している方、フランチャイズの窓口サイトの無料資料請求をお考えの方は、下記よりクリックしてご覧ください。