フランチャイズ情報比較サイト【フランチャイズWEBリポート】より独立・開業情報です。
今回は、 買いクル より、FC加盟店の募集を行っております。
この独立・開業情報は、当サイトが「鹿児島市内の就職情報」ということで、鹿児島基準の案件を紹介させていただいておりますが、【フランチャイズWEBリポート】は全国対応の案件も含まれておりますので、ご参考になれると幸いです。

買いクル メイン画像

まずは 買いクルの会社概要をご紹介いたします。

買いクル とは...

買いクル ロゴ買いクル (株式会社RC)は2008年7月に設立。
東京に本社を構え、リサイクルショップ運営をはじめ、中古車ショップ運営・中古車輸出事業、保険代理店業、リサイクル輸出事業等多数の事業を展開している企業です。

今回は、出張買取りサービス 買いクル のFC加盟店募集を行っております。従来の店舗型買取ビジネスFCとは違い、無店舗の出張型買取ビジネスなので、自宅開業できるビジネスです。ご興味・ご関心のある方は最後までお付き合いください。

 

次に 買いクル のビジネスの内容をご紹介いたします。

買いクル のビジネスとは...

買いクル イメージ画像01買いクル のお仕事としましては、不用品を売りたいお客様宅へ伺い、品物を持ち帰りお客様に代金を支払うだけという画期的なビジネスです。

品物は本部が販売代行して、経費を差し引いた金額をオーナーに渡すという流れです。さらに、本部は買取受付をするWebサイトを多数運営しているため、集客した顧客を安定して紹介できるので、あなた自身での営業活動は必要ありません。

 

次に、買いクル を開業するにあたって、他社にはない3つのメリットをご紹介させていただきます。

買いクル ビジネス 3つのメリットとは...

その1.  買取&買い取った商品は本部が管理!!

買いクル イメージ画像02本部には共有倉庫があるので、出張買取または買い取った商品はすべて共有倉庫で本部が管理します!そうすることで、運営固定費(店舗や倉庫)がかからず、低資金で開業や運営ができます。また、未経験でも商品の真贋や値付けが分かるように研修がありますので、専門知識がなくても大丈夫です。

その2. 1人で自宅開業ができるビジネスモデル!!

買いクル イメージ画像 独立開業買いクルは店舗を持たない出張型買取ビジネスのため、メリット1にも記載されてあるように、商品すべて本部の共有倉庫で管理されるので、アナタは自宅で開業することができます。

従来の店舗型ビジネスだと、初期費用が約800万円から1000万円程度かかるため、店舗家賃などのランニングコストがかかりますが、買いクルの場合、初期費用が約199万円と安価で、ランニングコストも不要というビジネスモデルです。

さらに1人でも運営できるので、人件費も不要なので、採用や人材育成に苦労することもありません。もちろん、スタッフを雇って売上アップを目指すことも可能なビジネスです。

その3. 海外に販路があるので買取品目が多数OK!!開発途上国への支援活動としてもOK

買いクル イメージ画像03本部の出張リサイクル事業は僅か5年で約4倍の売上になっており、1.5億円を超える事業へ成長しています。成長を支えるのは、国内市場はもちろん、東南アジアの販路拡大です。

経済成長著しい現地のショップとパートナー契約を結んでいるので、日本では売れない物も現地では立派な商品になります。他店では処分になるような品物も買いクルなら値段をつけられるので、顧客満足度も高い点が強みです。

本部は、東南アジアの貧しい子供たちへの支援もおこない交流を深めています。

 

それでは実際開業するにあたって、より安心できる開業を行っていただける為のサポートを 買いクル では以下の通り行っております。

開業前・開業後のサポート体制

開業前のサポート

業界のプロが1年かけて練り上げた内容の濃い研修を行います。
未経験者でも自信を持って開業することができます。

【研修内容】

  • リサイクル事業の基礎
  • コンプライアンス研修
  • 運搬・搬入研修
  • ビジネスマナー研修
  • 営業研修(基本的には本部集客がメインですが、簡単な研修を行います)

※上記の研修内容で、未経験の方の場合は約40日間の研修になります。
(経験により期間が前後する場合があります)

開業後のフォロー

本部ではwebサイトでの集客を行っております。
そのデータを元に、アナタの開業エリアで効果的なweb広告を行っていきます。
その後も、顧客紹介や経営・実務のアドバイス等、アナタへのバックアップを積極的に行います。

 

買いクル で実際開業されている先輩方の生の声をご紹介させていただきます。(先輩方の声はフランチャイズWEBリポートより引用させていただいております)

買いクル 先輩の声

FC加盟で急成長!未経験で参入したリサイクル事業で法人化できた理由とは

買いクル イメージ画像04買いクル 川崎店 川村オーナー(前職:携帯電話をはじめとした通信機器の紹介事業。その後、個人事業主を経て買いクルに加盟するまで、リサイクルとは無縁の経歴を歩んでおります。)

34歳のときに「輸入・輸出ビジネス」で独立

2016年の7月に独立したときは、買いクルではなく輸入・輸出ビジネスで立ち上げたんですが、独立当時は人を雇うなんて想像もしていませんでしたね。
2018年1月に買いクルのフランチャイズに加盟したんですが、わずか半年後には8割が『買いクル』の売上に。
そして7ヶ月目には法人化を果たし、社員1名、アルバイト1名の合計3名の会社に急成長しました。

通信関係の仕事が長かったんですが、携帯電話なんて今や誰もが持っていますし、飽和状態なんですよね。
だから、このままではなくいつか自分は独立するんだろうなって感じていました。
それなら早いうちにって思っていました。

2018年こそ副業解禁元年などと話題にあがる機会が多いですが、じつは会社員時代から副業みたいな形でビジネスをやってたんですよ。
会社ではそれなりのポジションで給料も十分にもらっていたので不満はありませんでした。
ただ、状況も状況だったので、のめり込んでいけるような新しいものを求めていました。
好奇心旺盛な性格で、『いける!』と思ったら何でもやりはじめちゃうんですよ(笑)。
それで、2年前の34歳のときに独立したんです。

リサイクル業界の未来に期待して加盟を決意

大堀社長とは前職のときに知り合ったので、もう6から7年の付き合いになりますかね。
2017年の年末くらいに飲みにいったときに、『リサイクル事業のFCをはじめるから、やってみないか』って言われて。そのときは本当にびっくりしました。
だって、当時はリサイクル経験なんてまったくなかったですからね。
最初は冗談だと思って、思わず『僕で大丈夫ですか?』って聞いちゃいました(笑)

フリマアプリの『メルカリ』が利用者数を加速度的に伸ばしていることからも、リユースっていまや個人間でも当たり前の時代じゃないですか。
だから、業界的にもこれからだなって思ったんですよ。
それに、大堀社長とはお互いのビジネスについて話すことも多く、彼が長く成功し続けているのも知ってたので、この人に付いていったら間違いないって思いもありましたね。

査定の目利きや知識、説得のテクニックを学んだ現場研修

いまは完全に買いクルが本業になってますね。その代わり、死ぬ気で頑張りましたよ(笑)。
研修は100パーセント現場で学ぶOJT。
運営母体である株式会社RCのスタッフと一緒にお客さま宅に伺って、買い取りの現場を見させてもらいました。
現場はやっぱり引越しが多かったですね。
『これとこれが不要だから買い取ってくれ』って感じで。もう本当に忙しくて、朝から夕方の時間帯で6件から7件くらいの現場をまわりました。

どうせやるなら査定もするぞって。
実際、研修の途中からは買い取りの査定も任せてもらったんですが、お客さまの希望金額通りに買い取っちゃったんですよ。お客さまの希望を満たせるのでそれが最善なんですが、よくよく聞いたら相場よりも高く買い取ってしまったんです。
本部のスタッフからは、『お客さまにきちんとした理由を話せば、もっと安く買い取れましたね』って言われ、確かになって感じでした。

査定に納得できる理由を説明できるからこそ、お客さまも満足して手放してくれる。
そうなると、利益が増えるだけでなく、お客さまからの口コミやリピートも増えるんですよ。
ただ、買い取りの現場はケースバイケースなので、お客さまの数だけテクニックが必要。
研修中の1ヶ月半だけで、B5サイズのメモ帳5冊分のメモをとりました。もし火事になったら、一番先にこのメモ帳を持って逃げるくらい宝物ですね。

日本で売れないモノを買い取っても「売れる」買いクルの海外販路

加盟当時にも思いましたが、あらためてリサイクル市場はこれからもっともっと拡大していくな、と。
それまではブックオフで本を売るくらいだったので、リサイクルのことなんか知らなかったんですが、どういう経緯で買い取って、それがどのようにしてユーザーの手に渡るのか。
こういった一連の流れを見たことで、リサイクル業界は飽和しないどころか、これからも伸び続ける業界だってことを確信しました。

買いクルでは日本国内はもちろん、カンボジアをはじめとした東南アジアにも販路を所有しているんですよ。
ほかの競合会社が、日本では販売できないから買い取れないモノ、いわゆる処分品でも、買いクルでは買い取ることができ、海外で立派な商品として販売しています。
その結果、お客さまの満足度はもちろん、加盟者の利益も見込める。それが、買いクルの最大の強みだと思います。

 

最後に買いクルのビジネスに関する開業に必要な資金、加盟募集要項、加盟収支モデルをご紹介いたします。

契約に関する情報

契約形態

フランチャイズ

募集対象

個人・法人

募集地域

全国(鹿児島も含みます)

優遇制度

関東圏内、積極的に募集してます。

自己資金

155万円以上

ロイヤリティ

売上の20%(税別)
※販売代行費、倉庫管理手数料などが含まれます。
※ロイヤリティ固定の開業プランもありますので、説明会等でお問い合わせください。

 

収益モデル

1名から2名で24日稼動した場合の月収モデル

売上220万円
お客様からの買取金額:29万7000円
粗利:190万3000円
販売管理費(人件費、家賃、広告宣伝費、ロイヤリティなどすべて含む):115万5800円

※毎月の収入(営業利益):74万7200円

 

開業資金について

開業資金

199万円から

※買取業界では破格の開業資金
※開業時、後から余計な経費等がかかることはありません
※初期投資の回収は約6ヶ月が目安となっております。

開業資金の内訳

車両リースの場合

加盟金:80万円
開業前研修費:80万円
備品準備費:111万5000円
開業前販促費:10万円
その他費用:3万円

※開業資金 合計:199万5000円

備品準備費の内訳

  • 車両(ロゴ入り軽トラック) 70万円
  • 車用ホロ(取付け費用込み) 15万円
  • 養生シート・保護材・台車 8万円
  • 工具一式 3万円
  • ユニフォーム 2万円
  • 名刺・封筒類・契約書等 13万5000円

 

買いクル のビジネスのまとめ

買いクル は、従来の店舗型ビジネスではなく、自らお客様宅へ伺い、買い取りする【出張型買取ビジネス】自宅開業が可能の独立開業ビジネスです。

お客様から買い取った品物等は共有倉庫があるので、倉庫不要!!
買取の真贋チェックや目利き、値付け等、開業前に研修がありますので、未経験者でも安心です!
また開業資金も200万円弱からスタートできますので、初めて開業される方、副業をお考えの方、うってつけのビジネスですよ。

 

掲載情報・資料請求先

上記の独立・開業情報はフランチャイズ情報比較サイト【フランチャイズWEBリポート】からの情報です。上記のような情報が多数準備されておりますので、独立に向けて貯蓄をするなど具体的に準備を進めている方、独立・開業を検討している方、そして、この案件にご興味・ご関心のある方は、下記よりクリックしてご覧ください。

当サイト「鹿児島市内で就職情報」は独立・開業活動のツールのひとつとしてお役にたてていただけると幸いです。