40代、50代からの雇われない生き方 フランチャイズの窓口】から独立・開業情報です。
今回は、フリーストレッチングより、ストレッチ専門店のエリアフランチャイズ募集を行っております。

フリーストレッチングとは...

近年、健康への関心は若い世代にも広がっており、ジョギングやジムはプロスポーツ選手などをケアするスポーツトレーナーという位置づけが確立され、認知を深めてきている中、2012年にはマッサージなどを含むボディケアの市場規模は1,000億円市場にまで拡大しています。

しかし、ストレッチに関してはまだまだ一般的には注目され始めた創成期にあたります。
将来的には東京五輪をはじめ、益々スポーツや健康というキーワードが注目されることになります。

フリーストレッチングは、パーソナルストレッチ・骨盤調整を主軸としたボディケアやリハビリに用いる手技などを行っております。自分で行うストレッチよりも効果が高く、数々のアスリート達のサポートも行っております。このこだわり抜いた高い技術をわずか2週間から4週間の研修でしっかり学んで習得できます。

また、フリーストレッチングでは、開業前と開業後にサポートを受ける事ができますよ。
開業前では2週間から4週間(約40時間前後)の研修期間を設け、本部から提供されるストレッチのDVD及びマニュアルにて学んでいただきます。その後、府中本店・横浜研修所・西浦和店にて解剖学の講義がございます。

開業後では、3ヶ月・6ヶ月・9ヶ月・12ヶ月ごとに技術研修や収益集客状況など加盟店様の抱える問題点などを本部アドバイザーと一緒に解決していきます。またフランチャイズ本部直営店をあなたのバックオフィスとして、どんどん利用してください。

研修終了後も自信がつくまで技術向上のためや、直営店スタッフ・ヘルプとして勤務することも可能です。ご興味のある方は資料請求をされてみたらいかがでしょうか。

収益モデルと必要な資金

収益モデル

売上高

【A.(ベッド数×1)】

1日3人の施術で30日稼動:1×3×30×4,500 = 405,000円

【B.(ベッド数×2)】

1日3人の施術で30日稼動:2×3×30×4,500 = 810,000円

【C.(ベッド数×3)】

1日3人の施術で30日稼動:3×3×30×4,500 = 1,215,000円

その他経費

580,950円(※家賃・光熱費・広告費・人件費)

本部へのロイヤリティ

15,000円

募集概要・開業に必要な資金

応募エリア

全国 ※エリア制…本部が定めるところの地域定数制

必要な開業資金

【加盟金】880,000円
【研修費】200,000円
※店舗型・無店舗で開業資金が異なります
※詳細はお問合わせください

ロイヤリティ

ロイヤリティ:28,000円
半年分168,000円(28,000円×6)

掲載情報・資料請求先

上記の独立・開業情報は【フランチャイズの窓口】からの情報です。
上記のような情報が多数準備されておりますので、独立に向けて貯蓄をするなど具体的に準備を進めている方、独立・開業を検討している方、フランチャイズの窓口サイトの無料資料請求をお考えの方は、下記よりクリックしてご覧ください。