今回はDODAより、失敗しない履歴書写真の撮り方、履歴書写真の重要性!!についてまとめさせていただきます。

DODA履歴書写真メインイメージ

履歴書写真の重要性とは...

履歴書に貼り付ける写真は、その人そのものと言っても過言ではないくらい大切なアイテムです。履歴書に貼り付ける写真について、採用する側からすれば、大きく2つ考えております。

まず1つ目...貼り付ける写真には決まり事がありますが、企業側からすれば、その決まり事 = ルールに沿って仕事や物事を進めることが出来るのかという風に考えます。例えば、写真を撮るにあたって、普段着で写真を撮った場合、企業からすると「ルールが守れない、統率が取れない、問題あり」という第一印象になります。

2つ目は...企業採用担当者は入社したらどのような仕事をしてくれるだろう...と考えます。履歴書に貼り付ける写真をきちんと撮っていれば「提出書類をしっかり準備できている = 仕事もていねいに行ってくれるだろう」という印象を与え、次のステップへと書類をチェックしていきます。

履歴書に貼り付ける写真は、最初の入口の門を開けることが出来るか出来ないかの重要なアイテムなのです。

履歴書写真の基本ルール(サイズ・期限・マナー)

履歴書の写真をいかに効率よく撮れるか、具体的に画像と方法をまとめさせていただきます。

写真の撮り方リスト

  • サイズは横3cm×縦4cm
  • 3ヶ月以内に撮影したもの
  • 裏には名前を書いてのりづけ
  • 背景色は白、青、グレー
  • ジャケット・シャツを着用する(男性の場合ネクタイも必須)
  • 前髪は目にかからないようにする
  • 歯が見えない程度に口角を上げる
  • 帽子やサングラスは外す
  • 撮影は正面のアングルから

履歴書写真のOK例、NG例

上記に書かれている「写真の撮り方」リストのテキストに沿って画像を公開させていただきます。「写真の撮り方リスト」には載せておりませんが、スナップ写真や、一度履歴書に使った写真はもちろんNGです。

企業採用担当者からすると「履歴書用写真をきちんと撮っていない人、または写真をしっかり貼れていない人は、履歴書全体を見ても雑な傾向を見受けます。逆にしっかり準備されている人は履歴書もていねいで、面接の通過率も高い傾向があります。履歴書を貼り付ける写真は”人となり”まで分かります。」という程、写真は大事なのです。

履歴書写真のOK・NG例(女性)

履歴書写真のOK・NG例(男性)

撮影方法別(写真館・スピード写真・自撮り)のメリット・デメリット

履歴書に貼り付ける写真にあたって、写真館で撮ったほうが良いのか、スピード写真で撮ったほうが良いのか、また自分で撮った方が良いのか、それぞれのメリット・デメリットをまとめさせていただきます。

DODA撮影方法メリット・デメリット

失敗しない撮影のノウハウ ~カメラマン・ヘアメイク・スタイリスト直伝~

最後に失敗しない撮影のためにカメラマンからの視点・ヘアメイクからの視点・スタイリストからの視点を入れさせていただきますので、写真撮られるときの参考になれれば幸いです。

姿勢・表情

  • 首が前に出ないように、耳と肩の位置を直線にそろえるイメージで背筋を伸ばします。
  • 脇の下に少し隙間を空けます。
  • 一度思いっきり笑顔を作ってから、自然な笑顔に戻します。
  • 事前に鏡で姿勢のゆがみを把握しておき、調整します。

横から見たときに、耳と肩の位置が縦にそろうように意識すると、自然ときれいな姿勢になります。ただ胸を張ったり、顎を引くだけでは硬い姿勢になってしまうので注意しましょう。表情は、一度最大の笑顔を作ったあと、口を閉じて微笑むと、リラックスした笑顔になれるはず。撮影直前は、目薬で目の充血などをケアして、眼鏡をかけている人はレンズを拭くのを忘れずに!

髪型・メイク

  • 髪をまとめ、目元をしっかり見せる。【男性】ワックスなどで耳周りのボリュームを抑えすっきりとしてください。【女性】ショートやボブの方は、髪を耳にかけたりハーフアップにしてみてはいかがでしょうか。
  • 目元・口元の周りはファンデーションを薄くします。
  • アイメイクは瞳の色に合わせることにより自然体になります。

男性の場合、スーツの生地のハリ感やツヤに負けないよう、髪はオイルやワックスで自然なツヤ出しを。女性のまとめ髪は、結び目を耳より少し上でまとめるのがベスト。ファンデーションは、崩れやすい目元、口元には薄く塗りましょう。フレッシュな顔に見せるには、メイクをオレンジやコーラル系でまとめるのがポイント!撮影直前は、手鏡などでメイクや髪の乱れを最終チェックしましょう。

服装

  • サイズ感はゆるすぎずタイトすぎず、ジャストなものを見つけましょう。
  • 女性のインナーは、胸元が開きすぎず、鎖骨が少し見えるくらいがベストです。
  • ジャケットのボタンの位置と、ネクタイやシャツの中心線をまっすぐそろえましょう。

シャツの首周りやジャケットの肩がゆるいと、だらしなく見えてしまうのでジャストサイズを選びましょう。保守的な社風の会社なら濃い色、自由な社風の会社なら明るめのグレーなどのジャケットもおすすめ。ネクタイは、熱意を伝えたいなら赤、知性を表したいならネイビーやブルーなど、与えたい印象によって選びましょう。男女ともにジャケットのズレは目立つので、ボタンの位置を中心にそろえましょう。

履歴書写真のまとめ

履歴書に貼り付ける写真は履歴書を書く前のメインインパクトなので、志望動機やPRの次ぐらい時間を費やして、納得できる一枚を作り上げて、企業採用担当者に好印象を与えられるような履歴書作成をしてみませんか?就職活動の参考になれれば幸いです。

参考コンテンツ

今回の「失敗しない履歴書写真の撮り方、履歴書写真の重要性!!…」の記事元はDODAより参考させていただきました。転職をスムーズに進みたい方は「エージェントサービス」をご利用いただいて、キャリアアドバイザーと打ち合わせてみてはいかがでしょうか(登録無料ですよ)。

転職サイトDODAで転職

DODAの各種サービスにご興味のある方は、下記のバナーをクリックしてご覧ください。