今回はDODAより、2017年平均年収ランキングの都道府県別(九州・沖縄)について、まとめさせていただきます。

九州・沖縄の平均年収

下記のデータは2016年9月から2017年8月の1年間に、DODAエージェントサービスに登録した約29万人のデータを元に、正社員として就業している20歳から59歳までのビジネスパーソンの平均年収と47都道府県の総計や男女別にまとめてあります。

九州・沖縄の平均年収

九州全体の平均年収は(全体)で372万円。男性が405万円、女性が311万円と90万円ぐらい差があります。我が鹿児島県は369万円で平均より下回っております。九州全体で平均年収が1番多い県は「大分県」で380万円です。

年収分布では、300万円未満が32.6%占めております。1,000万円以上はたったの1.1%しかいない状態です。一つは大企業が東京と違い少ないのが年収低下に関係しているかと思います。そして、男性と女性の平均年収の格差も厳しいのも九州の特長かもしれません。

九州での平均年収が高い職種・業種について…

九州での平均年収が高い職種・業種について...

九州で平均年収が高い職種は「プロジェクトマネジャー」(技術系・IT通信)で656万円。その次に医療系営業が584万円から646万円という流れになっております。

一方、九州で平均年収が高い業種は「医薬品メーカー」(メディカル)で574万円。2位・3位まで医療系が占めております。

九州一部についてはIT業界が盛んなのですが、その他の地域では病院施設が多いので、医療系のお仕事が多いから今回の平均年収のランキングを物語っております。

九州の平均年収のまとめ

今回は「2017年平均年収ランキングの都道府県別(九州・沖縄)」の記事元のDODAより参考させていただきました。この平均年収ランキングは就職活動をするに当たって良いデータだと思います。特に九州は病院施設が多いので、平均年収でも上位に影響しております。

これから、学校を卒業するまでに、資格を取得する方には、方向が定まりそうですね。
1番ショックなことは九州では300万円未満の方が32.6%占めているということです。なんとか年収を上げていきたいですね。

その為にも、転職は大事ですね。しっかりと転職活動に成功して年収を上げていきましょう!!
転職をスムーズに進みたい方は「エージェントサービス」をご利用いただいて、キャリアアドバイザーと打ち合わせてみてはいかがでしょうか(登録無料ですよ)

転職サイトDODAで転職

DODAの各種サービスにご興味のある方は、下記のバナーをクリックしてご覧ください。