DODAでは、転職活動の準備についてこだわりを持っています。
転職活動をどういう流れで進めていけばいいのか、なにを準備すればいいのだろう…等、お悩みの方が多いのではないでしょうか?

DODAでは、まず何を考えるか…どうやって情報収集するのか…応募書類を書くポイントはどこなのか…等、転職活動の準備の仕方・進め方を考えます。まずは第一弾として「転職とキャリアについて」から書いていきたいと思います。

まずは転職とキャリアについて考えよう!!

転職をするにあたって、「転職したい!!」という強い思いは大事ですが、それだけではなかなか転職成功は難しいです。転職活動を本格的に進めるまえに、ご自分のキャリアや転職に対する考えをまとめ、自分なりの「軸」をしっかりと持っておくことが大事です。転職を成功させるためには、まずは以下のように、ご自分を見直してみることから始まります!!

転職前に、キャリアの棚卸し・自己分析をする

これまでのご自分の会社経験を洗い出しながら、自分は何を大事にして仕事をしたいのか…自分はどんな仕事が向いているのか…自分の市場価値ってどのくらいなのか…ということを考えてみることが大切です。

DODAでは、「キャリアタイプ診断」というページがありますが、内容としましては、いくつかの設問に答えて、ご自身の性格や能力、行動基準、向いている仕事スタイル、むいている企業風土等を診断できるので、ご自分が気づかない点が見えてきますよ。

※このキャリアタイプ診断は優劣を見るものではなく、ご自分の特徴やクセを正しく理解し、活かしていくということが目的です。まずは、自分自身を客観的に知って理解することによって、弱点を克服するということが大切です。

転職の目的を考えよう!!

次に、何のために転職をするのか…どう働きたいのか…この2点がぶれさせないことが、転職の目的を考える上では非常に大切なことです。仕事内容を変えたい!!雇用形態を変えたい!!将来のために違う経験を積みたい!!年収を上げたい!!等、まずは思いつくものをメモ等に書き込んでみて、希望が複数ある場合は優先順位を決めてみましょう。それによって自然に「企業選び」の軸や「転職理由」として企業に伝える内容が決まってきます。

注意:目の前の条件や不満だけにとらわれない広い視野を持ちましょう!

  • 現在の仕事で感じている目の前の不満や条件改善だけではなく、今後かなえたいキャリアや将来やりたい仕事は何だろう…という視点での希望も考えておきましょう。
  • 仕事をしながら転職活動をする場合は、考える時間も相談相手も特に限定的になる傾向があります。まずは落ち着いて、転職を経験した友人など、第三者の意見を聞いて視野を広げましょう。

DODAでは「転職タイプ診断」というページがありますが、20の質問に答えて、あなたの転職タイプと転職おすすめ度を診断することができます。このページをもとに最良な転職へむけての参考となりますよ。

転職活動のスケジュールを立ててみよう!!

転職活動を始めてから入社まで3ヶ月程度の期間をメドとして、まずは大まかに計画を立ててみると行動しやすくなりますよ。転職活動の中で、自分だけで予定を立てられないのが、面接と退職交渉です。まずは次の企業にいつごろ入社したいのかを決めてから、そこから逆算しながらスケジュールを立ててみましょう!!

注意:スケジュールに余裕を…面接と退職交渉

  • 面接は1社につき1回から3回程度行われます。仮に5社受けようとすると、5回から15回は面接のための調整が必要となってきます。特に現職の勤務時間の長い方は、余裕を持ってスケジュールを組んでおきましょう。
  • 退職交渉は、企業の規定や業務状況に左右されます。一般的には一ヶ月前までの申し出を必要とする企業が多いですが、業務の引継ぎに必要な期間の目安も考えておきましょう。

DODAでは「3ヶ月集中・転職カレンダー」というページがあります。ご自分の転職活動の日程を決定して入力をすると、3ヶ月分のスケジュール(事前準備~応募~面接~内定)が組まれていきます。この通りすると3ヶ月で入社できるのですが、あくまでメドとして参考にしてください。

まとめ

今回は転職活動の準備として第一弾「転職とキャリアについて考えよう!!」を書かせていただきました。いきなり転職できるような簡単な仕組みではないですよという所から始まり、まずは、ご自分のキャリアと転職に関する心構えが大切だということが分かりました。家で言うところの「足場固め」だと思います。足場がゆるいと家が建ててもすぐ崩れます。是非立派な家を建ててください。

 

転職サイトDODAで転職