DODAより求人ノウハウ情報です。
今回は転職活動に関する質問・問い合わせで多い質問で「離職期間は何ヶ月ぐらいまで許されますか?」についての記事を一部だけですがご紹介させていただきます。

採用側はブランク期間の何を気にしているか?既に会社を辞めて転職活動をしている方、これから転職活動を始める方、採用側が応募者の離職期間についてどう考えるのかを知ってから活動方針の参考にしてみてはいかがですか?

採用側はブランク期間の何を気にしているか?

転職活動は計画通りに進むとは限りません。離職して転職活動に専念していても「思ったより活動が長引いている...」と焦りを感じている人もいることでしょう。離職期間(ブランク)が長引いているといってもそれぞれ事情が違います。

「○ヶ月までならセーフ」「○ヶ月を超えたらアウト」といった一律な答えはありませんが、平均的な転職活動期間が2~3ヶ月といわれる中で、離職期間が長引くと不利になるのは否定できないところです。なので、転職活動が想定通りに進まないと感じたら、転職活動期間が3ヶ月になる前に活動方針を見直し、6ヶ月になると黄色信号と意識しだした方が良いですよ。

在職中にどんなに活躍していた人でも、戦列から離れていればある種の勘が鈍ってきます。ブランクが長引いている人に対して採用側はどんな点を懸念するのでしょうか。応募書類や面接ではこれらの懸念点や払拭するように努めましょう。

仕事に取り組む意欲

お正月やお盆、ゴールデンウィークなど、普段より長く休んだ後はなんとなくモチベーションが落ちてしまい、意識しないと「仕事モード」に切り替わらなくなります。まして3ヶ月のブランクともなると、仕事モードに戻るのに時間がかかってしまうのでは?という懸念につながります。

今回は、転職活動に関する質問・問い合わせで多い質問で「離職期間は何ヶ月ぐらいまで許されますか?」についての記事を一部ご紹介させていただきました。ブランクが長ければ長くなるほど、正社員への意識がなくなりますので、モチベーションがあるうちに勝負されてみてはいかがでしょうか?

上記の情報はDODAの「キャリアコンパス」より記事を参考にさせていただきました。
さらにお役に立つ就職・転職情報にご興味のある方は下記よりクリックしてご覧ください。
(ページの中には会員登録しないとご覧いただけないページもあります。)