【BMフランチャイズ】から独立・開業情報です。
今回は、京進スクール・ワンより、学習塾フランチャイズオーナー募集を行っております。

京進スクール・ワンとは...

個別指導塾 京進スクール・ワン(以下スクール・ワン)は京都で創業39年。東証2部上場、全国で約25,000円の生徒が学んでいる総合教育企業「株式会社 京進」が経営母体です。京進は、「業界トップの安全・安心と自立できる人づくり」への取り組みが評価され、関西の教育サービス業界初の2013年度関西経営品質賞、優秀賞を受賞いたしました。

スクール・ワンは、130以上の直営教室で培ったノウハウをフランチャイズ教室へ提供します。
京進ではリーチング(自立型人間育成プログラム)を基盤に「教えて解かせて考えさせて自ら学ばせる」という教育方針に基づいた学習法を取り入れております。

そういった結果、小学受験・中学受験・高校受験・大学受験において、合格者を多数輩出しています。生徒ひとりひとりを志望校合格へ導く、卓越した指導力があります。スクール・ワンの担当者は、営業もSVも全員教室長経験者です。開校前から開校後まで、長年にわたって経営面だけでなく教室運営についてもいプロの視点で全力サポートいたします。

開校前のサポートとしましては、塾経営がはじめての方でも安心充実の「研修体制」でサポートいたします。入念なリサーチによる「立地選定」を実施!!有望エリアでの開校が可能です。塾のクオリティを左右する「講師募集」「初期研修」も本部にお任せください。年に数回オーナ・教室長が集合情報交換や交流の場になっています。

開校後の運営サポートとしましては、「京進」グループ総合力を活かしてチラシ、教材、販促物品を安価で提供します。高品質はそのままに、開業資金はより少なく開業パッケージをリニューアル!直営チラシや「京進」ホームページでもフランチャイズ教室をPRいたします!「KCN(京進コンピューターネットワーク)システム」で経営管理・生徒管理を実現します!

募集要項ならびに契約情報

開業資金の目安(2017年2月28日までの期間限定)

加盟金は本来250万円(税抜)のところ、100万円減額で加盟しやすくなっています。

加盟金

■契約時加盟金

1,500,000円

設備投資など

■教室設備費(クレジット利用可能です)

2,200,000円~

■電子錠システム

180,000円~

■工事費(看板・サイン類)

500,000円~(設置場所や看板タイプに異なります)

■内装工事費

500,000円~(物件引渡し状態により大きく異なります)

■教材費・文具など

400,000円~

■教室長研修費(2人まで)

200,000円~(条件により変動します)

■テナント保証金・初回賃料

1,200,000円~(テナント条件により異なります)

■開校時広告宣伝費

1,300,000円~(生徒募集媒体・講師募集媒体および関連費用)

※設備資金合計

6,480,000円(※概算費用です)

初期投資金額合計

7,980,000円~(※概算費用です)

※価格はすべて税抜です。
※25坪・10学習ブースの場合の参考例です

収支モデル

年間平均生徒数60名の場合
初期投資回収までの詳細シミュレーションも個別に提示していきます。
客単価・物件等の条件によって収支は異なります。詳しくは個別に提示いたします。

平均生徒数(年間)60名の場合

■入学金収入

63,540円

■授業料収入

25,214,500円

■諸経費収入

1,297,800円

■教材テスト収入

754,406円

売上高(年間)

27,330,246円
■ロイヤリティ費

2,683,000円

■講師給与

8,199,074円

■印刷消耗品費

628,596円

■教材・テスト費

641,245円

■その他費用

546,605円

変動費(年間)

12,698,520円
■賃料

2,400,000円

■リース料

204,000円

■宣伝広告費

1,200,000円

■講師募集費

300,000円

■水道光熱費

360,000円

■通信費

384,000円

固定費(年間)

4,848,000円

営業利益(年間)

9,783,726円

【算定根拠】

  • 損益分岐点は生徒数20名です
  • 授業料には定期テスト前追加授業・季節講習等授業料収入を含んでいます。
  • ロイヤリティは授業料・諸経費が10%、入学金が50%です

本部推奨キャンペーン等で入学金・授業料が割引等の場合は、生徒へ請求した実質額のみがロイヤリティの対象となります。

掲載情報・資料請求先

上記の独立・開業情報は【BMフランチャイズ】からの情報です。
上記のような情報が多数準備されておりますので、独立に向けて貯蓄をするなど具体的に準備を進めている方、独立・開業を検討している方、そして、資料請求をお考えの方は、下記よりクリックしてご覧ください。