DODAからの情報です。 今回は、華やかなサッカーの舞台を支える、「サッカー審判員」の求人票をご紹介させていただきます。

以下がDODAからの記事です。
 

まもなく開始する4年に一度のサッカーの祭典。各チームが自国の誇りを懸けて戦うW杯では、サッカー選手の他にも、実はさまざまな職種の人が関わっています。2002年W杯日韓大会の決勝で主審を務めたコッリーナさんが、一躍時の人となった“審判員”もその一つ。

今回は、その“審判員”になるための方法を、2002年の開校以来サッカーに関わるあらゆる人材を育ててきたJAPANサッカーカレッジのコーチ・審判専攻科で教鞭をとる須崎政幸さんにサッカー審判員の仕事の中身についてお聞きし、求人票を作成してみました!

サッカー審判員の求人票

■職業名:サッカー審判員
■所属企業:(1級審判員の場合)日本サッカー協会と契約
■就業場所:フィールドの中
■就業時間:1試合90分
■給料:(JFAと契約を結ぶPR審判の場合)年俸制
上記以外の審判は試合ごとの謝礼のみ
■手当:交通費支給
■就職倍率:不明
※1級審判員になるのは、プロサッカー選手になるより難しい場合も
※(1級審判員の場合)全国で現在176人が活躍中
■その他、業種による特記事項
サッカーに対する“情熱”や“思い”がどれだけあるのかが重要

サッカー審判員になるための方法

サッカーの審判の資格は4級から1級までの4段階に分かれています。
飛び級はありませんので、1年に1階級ずつ上級免許を取る形になります。
比較的4級と3級は、各都道府県のサッカー協会が主催する講習会で取得可能です。
3級を取得する場合、前年度の審判実績がある程度必要になります。さらに簡単な体力測定と筆記試験があります。

ただ、2級になると、急激に難しくなります。2級を獲得するには、それなりの実績と能力が問われます。と言うのが、管轄が9地域からなるサッカー協会(北海道・東北・関東・北信越・東海・関西・中国・四国・九州)になり、都道府県からの推薦が必要になります。

そして...1級になると、相当難しいです。実績だけでなく試合をコントロールする高い能力が必須となります。例えば、協議規則の1から100まで丸暗記だけでなく、安全・公平公正に試合をコントロールするために、サッカーを深く理解することが必要です。

観客、チームスタッフなどを含めたあらゆる要素を頭に入れて、瞬時に判断することが求められます。
1級を取得すれば、JリーグやJFLといった日本でトップのサッカーに体力面で付いていかなくてはいけなくなりますので、体力も大事ですね♪

こういう記事もDODAならではの記事です。
以上です。DODAの無料会員登録をお考えの方は下記よりクリックしてご登録くださいませ。

 

話そう、探そう・転職はDODA

最後までお付き合いいただき、ありがとうございます。